信用保証協会とは

信用保証協会とは

信用保証協会は、事業の経営に真面目に努力し、将来に向かって発展の可能性のある中小企業に対して、金融上の強力な「公的保証人」となって、事業資金調達の円滑化に努めることを目的として設立された専門機関です。

信用保証制度のしくみ

信用保証制度は、中小企業、金融機関、信用保証協会の三者で成立しています。

信用保証制度のしくみ

中小企業者が何らかの事情により、借入金の返済ができなくなった場合は、当協会がお客さまに代わって金融機関に返済を行います。 このことを代位弁済といいます。
代位弁済後は、当協会に借入金を返済していただきます。

責任共有制度について

保証協会と金融機関が適切な責任共有を図り、中小企業・小規模事業者に対する適切な支援を行うことを目的として、平成19年10月1日から「責任共有制度」が導入されました。責任共有制度対象の保証制度については保証協会80%、金融機関20%の割合で責任を共有します。

責任共有制度のしくみ

責任共有制度には「部分保証方式」と「負担金方式」の2つの方式があり、各金融機関がいずれかの方式を選択しています。なお、いずれの方式を選択しても金融機関の負担に違いはありません。
また、一部の保証制度(特定社債保証、流動資産担保融資保証等)については、金融機関の選択方式に係わらず、部分保証となります。

部分保証方式負担金方式
個別融資金額の80%を保証協会が保証する方式保証利用実績に応じて部分保証と同等の負担金を金融機関が協会に支払う方式

責任共有保証料率について

責任共有制度の対象となる保証には、責任共有保証料率が適用されます。
この責任共有保証料率は融資金額に対する料率であり、金融機関が部分保証方式、負担金方式のいずれの方式を選択してもお客さまの保証料負担に違いはありません。

責任共有制度の対象外となる保証制度

  1. 特別小口保険を利用した保証
  2. セーフティネット保証(経営安定関連保証)の1~6号に係る保証
  3. 災害関係保証
  4. 創業等関連保証、創業関連保証(再挑戦支援保証)
  5. 事業再生保証
  6. 求償権消滅保証
  7. 中堅企業特別保証
  8. 小口零細企業保証 等