保証制度のご案内

中小企業特定社債保証

中小企業特定社債保証は、社債(私募債)を発行して、長期の安定した資金を調達できる保証制度です。

ご利用いただける方次の1~3のいずれかに該当する株式会社、特例有限会社、合名会社、合資会社、合同会社

1.純資産額が5千万円以上3億円未満であり、自己資本比率が20%以上または純資産倍率2.0倍以上、かつインタレスト・カバレッジ・レーシオが2.0倍以上または使用総資本事業利益率が10%以上であること

2.純資産額が3億円以上5億円未満であり、自己資本比率が20%以上または純資産倍率が1.5倍以上、かつインタレスト・カバレッジ・レーシオが1.5倍以上または使用総資本事業利益率が10%以上であること

3.純資産額が5億円以上であり、自己資本比率が15%以上または純資産倍率が1.5倍以上、かつインタレスト・カバレッジ・レーシオが1.0倍以上または使用総資本事業利益率が5%以上であること
保証限度額4億5,000万円以内
(経営安定関連保証を除く普通保証と無担保保証との合計で5億円以内)
資金使途運転資金・設備資金
保証期間2年以上7年以内
償還方法期限一括償還または定時償還(分割償還、6ヶ月毎の償還が可能)
信用保証料率0.45~1.9%
融資利率発行体所定の利率
保証人不要(金融機関が共同保証人となる)
担保保証金額2億円超の場合は原則必要
保証割合発行金額の80%(発行金額は3,000万円以上5億6,000万円以内)

各指標について

指標特徴計算式
純資産額企業の基礎体力を測る指標資本の額(資本金を含む)
自己資本比率企業の財務的な安全性を測る指標純資産額÷(純資産額+負債額)
純資産倍率企業の財務的な健全性を測る指標純資産額÷資本金
使用総額資本事業利益率企業の総合的な収益力を測る指標(営業利益+受取利息・受取配当金)÷資産の額×100
インタレスト・ガバレッジ・レーシオ企業の金利負担能力を測る指標(営業利益+受取利息・受取配当金)÷(支払利息+割引料)
このページの先頭に戻る