ご利用について

信用保証料について

信用保証をご利用いただく際には、「信用保証料」をお支払いいただきます。この信用保証料は、貸付金額および保証期間、返済方法を基に計算し、原則として融資実行時に一括でお支払いいただきます。

信用保証料率

信用保証料率は、保証の種類や中小企業の皆さまの財務評価に応じて決定します。

区分123456789
責任共有保証料率1.901.751.551.351.151.000.800.600.45
保証料率2.202.001.801.601.351.100.900.700.50
  • 個人事業主で貸借対照表および損益計算書を作成していない方や創業者等、財務評価ができない方については区分5の料率が適用されます。
  • 責任共有制度の対象となる保証制度は「責任共有保証料率」、対象とならない保証制度は「保証料率」が適用されます。

なお、個別に定める保証料率が適用される保証制度もあります。

信用保証料の計算

一括返済の場合

 信用保証料=貸付金額×信用保証料率×保証期間(月)/12

(例)
貸付金額1,000万円
信用保証料率1.35%
保証期間3ヶ月
1,000万円×1.35%×3/12=33,750円

なお、確定日保証の場合は、以下のとおり信用保証料を計算します。
 信用保証料=貸付金額×信用保証料率×保証期間(日)/365

(注1)確定日保証とは、返済日や保証期日の日付をあらかじめ定めている保証をいいます。
    当座貸越根保証などの根保証制度が確定日保証となります。
(注2)保証期間は融資予定日から最終期限までの日数とします。

均等分割返済の場合

 信用保証料=貸付金額×信用保証料率×保証期間(月)/12×分割係数

(例)
貸付金額1,000万円
信用保証料率1.35%
保証期間60ヶ月、
分割係数0.55
1,000万円×1.35%×60/12×0.55=371,250円

信用保証料シミュレーション

信用保証料率の割引

一部の保証制度では、次に該当する場合に、信用保証料率の割引を行います。

会計処理による割引(個人事業主の方は対象となりません)

次の書類を提出した場合に適用します。

  • 会計参与を設置している旨の登記を行ったことを示す書類

有担保保証に対する割引

物的担保の提供がある場合に適用します。

信用保証料の分割納付

信用保証料は、原則として一括払いですが、次の1または2に該当する場合は分割してお支払いただくことができます。

  1. 保証期間が2年を超える場合
  2. 保証期間が1年を超える当座貸越根保証、事業者カードローン当座貸越根保証、手形・電子記録債権割引根保証

信用保証料の返戻

お支払いただいた信用保証料は違算の場合を除き、返戻しないこととなっていますが、保証期日の前に完済した場合は、信用保証料の一部を返戻します。

信用保証料の差引計算について

保証期日前の保証付融資を新たな保証付融資で借り換える場合、完済する保証付融資の「返戻保証料」は、新たな保証付融資の「信用保証料」をお支払いいただく際に差し引いて計算を行います。
※差引計算には、一定の要件があります。