当協会について

当協会の概要

当協会の概要

平成30年3月31日現在

根拠法信用保証協会法 (昭和28年8月10日 法律第196号)
基本財産554億円
保証債務残高66,624件 7,510億円
事業所本店・分室および6支店(川崎・小田原・横須賀・藤沢・厚木・相模原)
役員16名(うち非常勤11名) 監事3名(うち非常勤2名)
役員名簿
役員の給与等に関する規程
常勤役員退職手当支給規程
職員151名

沿革

昭和23年12月23日社団法人 神奈川県信用保証協会設立
昭和24年01月24日業務開始
昭和28年08月10日信用保証協会法公布施行
昭和29年09月09日信用保証協会法に基づく認可法人神奈川県信用保証協会に改組

神奈川県内における当協会の利用状況

神奈川県内の多くの中小企業の皆さまが、当協会を利用して、事業資金を調達しています。

当協会をご利用いただいている中小企業のお客さま
4万313社
(注)平成30年3月末現在

県内中小企業の当協会利用率
20.2%
(注)利用率 = 利用企業数40,313 ÷ 県内中小企業者数199,958「中小企業白書2018年版」

シンボルマーク

シンボルマークかながわをイメージするカモメと波、そして、湘南の海のブルーと丹沢山塊のグリーンを基調とし、神奈川県の頭文字の「K」と、クレジット・ギャランティの「C・G」をモチーフとしたシンボルマークです。

イメージキャラクター「カナモ」

イメージキャラクター「カナモ」神奈川県の県鳥である「カモメ」をモチーフとし、「かながわ」と「カモメ」を組み合わせた愛着の持てる名前としました。

神奈川県の形をした頭についている星には、神奈川県の中小企業に輝いてほしい、神奈川県がいつも明るく元気であってほしいという想いがこめられています。