お知らせ

神奈川県と連携して「風しん予防」に取り組みます

昨年の夏以降、首都圏を中心に、風しん患者が急増し、神奈川県では、昨年12月に「風しん非常事態宣言」を発表しました。

当協会においても、お客さま、職員およびその家族の健康を守るため、神奈川県の「風しん予防推進協力法人」に登録し、県と連携して、風しんの予防・撲滅に協力していきます。
※ 2019年1月24日 「風しん予防推進協力法人」に登録

従業員に対する風しん予防の周知および対外的な広報として、下記の活動に取り組みます。

  1. 神奈川県が発行するポスターを各事業所内に掲示
  2. 内部グループウェアにより従業員へ風しん予防の周知
  3. 従業員への風しん予防接種の呼びかけ
  4. ホームページに神奈川県風しん撲滅作戦のバナー表示
  5. 各事業所で風しん予防リーフレットの配布

参考

神奈川県では、(1)「神奈川県から風しんの流行を発生させない」、(2)「今後、妊娠する人から先天性風しん症候群を出さない」ことを目指し、「風しん撲滅作戦」を展開しています。
詳しくは、下記バナーより「神奈川県風しん撲滅作戦」特設ページをご覧ください。

また、神奈川県では、県と連携して風しん予防に取り組む法人や団体を「風しん予防推進協力法人」として登録する制度を設けています。
詳しくは、下記バナーより「風しん予防推進協力法人」ページをご覧ください。

※ バナーの先は、外部サイト(神奈川県ホームページ)へ移動します