お知らせ

ソーラーシェアリング保証を創設しました

2019年2月1日より、ソーラーシェアリング保証(略称「ソーラーシェア」)を創設しました。

神奈川県では県経済の発展と県民生活の安定を目的とした「かながわスマートエネルギー計画」を策定し、ソーラーシェアリングの普及に取り組んでいます。

今後、県内におけるソーラーシェアリングの普及促進が見込まれる中で、中小企業者がソーラーシェアリングの開始に必要な資金を確保できるよう、本制度を創設します。

※ソーラーシェアリングとは・・・
農地の上に太陽光パネルを設置して、1つの土地で農業と発電業を同時に行う「太陽光を農業と発電業でシェアする」しくみ

ソーラーシェアリング保証

ご利用いただける方次の①~②のいずれにも該当する中小企業者
 ① 神奈川県内に本店または事業所を有するもの
 ② 神奈川県内の農地に太陽光発電設備を設置し、発電事業を売電目的で行う具体的な計画を有するもの
保証限度額3,000万円以内
資金使途発電業の開始にあたって必要な太陽光発電設備の導入にかかる設備資金
保証期間20年以内とする(据置期間1年以内を含む)
返済方法原則として均等分割返済
信用保証料率0.45%~1.90%
会計参与設置会社による割引および有担保保証による割引の対象
融資利率金融機関の所定の利率
保証人法人の代表者を除き原則不要
担保原則として不要
責任共有責任共有制度の対象
備考・本制度の取扱期限は、平成31年2月1日より3か年目の応当日が属する月の末日の保証申込受付分をもって取扱いを終了する
・通常の申込書類に加え以下の書類の提出が必要
①電力会社との接続契約(写し)
②国の再生可能エネルギーの固定価格買取制度の認定通知(写し)
③認定申請で提出した事業計画(写し)
④農地の一時転用の許可(写し)※保証書発行条件(内定条件)とする