採用情報

保証審査担当

保証審査 2008年入協 文学部出身 藤沢支店業務2課

保証審査への思い

仕事風景保証審査の経験が深まるにつれ、できる限り申込をいただいたお客様にお会いし、事業内容についてお伺いしたいと思うようになりました。理由は、書面情報や金融機関の担当者の方からのお話も大切ですが、お会いした際の印象など、自分の目で見て、感じ、確認することの重要さを感じているからです。
例えば、業容拡大のための先行投資の資金の申込であれば、いただいた審査資料だけでなく、お会いして経営方針や今後の将来的なビジョンを確認しながら、審査をしていくことになります。
また保証審査では、専門的な知識が必要な場面もありますが、疑問点なども含めて先輩職員や上司に相談しながら進めていくため、仕事がしやすい環境だと感じています。
当協会の業務は社会的な使命も大きいことから、様々な知識を取り入れるための自己研鑽にも努め
ており、中小企業のお役に立ちたいと、日々思いながら仕事をしています。

仕事と子育ての両立

仕事風景当協会は出産後も仕事を続けている女性が多く、自分自身も仕事を続けたいと考えていたため、出産を迎えるにあたり1年間の育児休業を取得し、仕事に復帰しています。
復帰後は仕事と育児の両立に慣れるまで大変だと感じるときもありましたが、職場では育児について理解してくれる方が多く、女性の先輩、管理職もいる為、様々な場面で気遣いしてくれていることが支え・励みになっています。
また、育児休業後も子供が小学校就学の始期になるまでは勤務時間を短縮できる制度があり、現在は退社時間を75分早くしてもらい、保育園への迎えに活用しています。その他に子供の看護休暇などもあり、子供が病気の時に助かっています。
当協会は出産後女性が働き続けるための様々な制度が整っており、また今の職場は小さい子供を抱えた男性職員も多いため、いろいろと情報交換を
させてもらっており、女性が働きやすい職場だと感じています。

メッセージ

総合職として男女変わらずに同じ仕事ができることにやりがいを感じ、また神奈川県内のみの業務であることから、将来的なライフプランをしっかり考えながら働けることも魅力と思い、当協会に入協を決めました。
就職活動をしていくと、いろいろな会社があることに気付くと思いますが、実際に足を運んで、見たり聞いたりすることが、最後は決め手になると思います。悩むことも多いと思いますが、自分がどのような人生を歩んでいきたいのか、また自分が輝けるような会社はどこであるのか、しっかりと考えることも必要です。
皆様の就職活動が、納得のいくものになりますことを願っております、そして、皆様と会えることを楽しみにしております。

ある一日のスケジュール

7:45自宅を出発
子供と一緒に駅前の保育園へ
8:40出社
1日のスケジュールを確認
9:00始業
金融機関に連絡を入れ、不足書類の依頼や、現況を確認
12:00昼食
14:00面談
創業をお考えのお客様から事業計画についてのご相談を受ける
16:00退社
子供を保育園に迎えに行き、帰宅
採用に関するお問い合わせ
総務部総務課 採用担当 045-681-7173
syokuin@cgc-kanagawa.or.jp