保証制度のご案内

事業性評価長期借換保証 別枠

事業性評価長期借換保証 別枠は、金融機関が事業性評価を行っている中小企業の皆さまについて、最大15年の長期資金で保証付融資の借換えができる別枠の保証制度です。

ご利用いただける方当協会の通常の申込人資格要件のほか、次の①から③の要件を満たす中小企業者

① 原則として、申込金融機関と1年以上の与信取引の実績がある
② 申込金融機関が当該中小企業者に対して事業性評価を行い、実態を把握している
③ 返済方法の変更や保証期間の延長を行っていない正常返済中の当協会保証付融資の保証債務残高があり、長期資金に借り換えることによりキャッシュフローが改善し、事業の拡大、持続的発展に資する中小企業者

※ ご利用には市町村長が交付する認定書(セーフティネット保証1~8号要件のいずれか)が必要です
保証限度額2億8,000万円(6号の場合は3億8,000万円以内)
資金使途運転資金
※ 当協会で返済方法または保証期限の条件変更を行っていない保証付融資の借換に必要な運転資金とし、新規保証(真水)は保証承諾金額の50%以内とする
保証期間15年以内
返済方法均等分割返済
信用保証料率1~4・6号の場合:1.0%
5・7・8号の場合:0.85%
融資利率金融機関所定の利率
保証人法人の代表者を除き不要
担保必要に応じて
責任共有1~4・6号の場合:責任共有制度対象外
5・7・8号の場合:責任共有制度の対象
その他● 金融機関が当協会へ事前に届出している事業性評価シート(またはローカルベンチマーク)が必要です
● 事業年度終了後4ヶ月以内に、確定(決算)申告書の写しの提出が必要です
● ご希望される場合は、当協会による経営支援(外部専門家派遣 等)で支援します
このページの先頭に戻る