お知らせ

【新型コロナウイルス関連】セーフティネット保証5号 対象業種が追加指定されました

2020年3月6日付けで、新型コロナウイルス感染症の影響により、特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など40業種について、緊急的にセーフティネット保証5号の対象業種へ追加指定されました。

この措置により、一般保証と別枠の保証がご利用可能となります。

また、神奈川県においても、セーフティネット保証5号に基づく別枠融資である神奈川県中小企業制度融資セーフティネット保証5号融資が追加されます。
※ この先は、外部サイト(神奈川県庁ホームページ)へ移動します

なお、当協会では、新型コロナウイルス感染症に関する経営相談窓口を設置し、営業部・各支店でご相談をお受けしています。お近くの窓口までご相談ください。

セーフティネット保証5号 概要

  • 指定業種|40業種
    旅館・ホテル、食堂、レストラン、フィットネスクラブ など
    追加指定業種リスト
  • 指定期間|令和2年3月6日~3月31日
    ※ ご利用には、市町村長が交付する認定書(セーフティネット5号要件)が必要です
  • 保証実績の公表(中小企業庁ホームページ)
  • 経営者保証に関するガイドライン活用実績の公表(中小企業庁ホームページ)