保証制度のご案内

伴走支援型特別保証

伴走支援型特別保証は、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業の皆さまを支援するための保証制度です。国による信用保証料の一部補助等で、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業の皆さまを支援します。

ご利用いただける方次の1~3のいずれかの認定を受け、かつ経営行動にかかる計画を策定した中小企業者

1. セーフティネット保証4号(新型コロナウイルス感染症にかかるものに限る)※1
2. セーフティネット保証5号(売上高等減少率が15%以上のものに限る)※1、2
3. 危機関連保証(新型コロナウイルス感染症にかかるものに限る)※1

※1 特別小口保険にかかる保証を除く
※2 原油価格上昇要因を除く
保証限度額4,000万円(別枠)
※他協会利用分を含む
資金使途経営の安定に必要な運転資金・設備資金
保証期間一括返済の場合:1年以内
分割返済の場合:10年以内(据置期間5年以内)
返済方法一括返済または分割返済
信用保証料率0.2%(国による一部補助後)
融資利率金融機関所定の利率
保証人法人の代表者を除き原則不要(法人の代表者についても、一定要件(1)法人・個人分離、(2)資産超過を満たせば経営者保証免除対応を適用することができる)
担保必要に応じて
責任共有5号の場合:責任共有制度の対象
4号・危機関連保証の場合:責任共有制度対象外
取扱期間2021年4月1日から2022年3月31日(当協会保証申込受付分)
  • 保証実績の公表(中小企業庁ホームページ)
  • 経営者保証に関するガイドライン活用実績の公表(中小企業庁ホームページ)
このページの先頭に戻る